パスポート用の写真

平成18年(2006)年3月20日からパスポート用の写真は国際民間航空機関(ICAO)の勧告に基づいた規格に変更になりました。写真自体の大きさは以前と変わりませんが顔の占める割合が大きくなりましたのでご注意ください。

 

特に以下の点に留意して写真をお撮りください。
○正面からの撮影でサングラス、スカーフ、帽子は被らないこと。
○背面は白、またはごく薄い色で、顔以外のものが写っていないこと。
○目がはっきり確認できること
○メガネに光が反射していたり、前髪で目などが隠れたりしていないこと
○規定のサイズを満たしていること。
○たて45mm(1.77インチ)、横35mm(1.38インチ)、 顔の長さ(あごから頭のてっぺんまで)が32mmから36mmの間(1.26~1.42インチ)であること。

 

その他下図に準ずる。
○鮮明な写真であること。不鮮明なもの(特にスピード写真に多い)では、旅券の作成ができません。
○6カ月以内に撮影されたものであること。


passport photo instructions