「歩こうカナダ、語ろうニッポン」一行の当地訪問(2019年10月27日~29日)

 日本政府事業「歩こうカナダ、語ろうニッポン」の一行がバンクーバーを訪問し、イベントを行いました。
 この事業は、日本の魅力や元気な今の日本の姿を民間交流によって北米に広める目的で、2014年からスタートしたものであり、バンクーバーには2016年と本年3月に引き続き3回目の訪問となりました。
 今回の一行メンバーは、門司健次郎元カナダ大使を団長として、梯慶太団員(日本板硝子株式会社)、黒崎美穂団員(ブルームバーグNEF)、ジョナサン・ミラー(日本国際問題研究所)、松中咲樹団員(福井大学医学部)の5名です。
 一行は、29日、リステルホテルにおける木曜会・ブリティッシュ・コロンビア日加協会共催イベント及びUBCにおいてパブリック・レクチャーを実施した他、同日夜には羽鳥総領事主催の歓迎レセプションに参加しました。

梯団員によるプレゼンテーション

黒崎団員によるプレゼンテーション

松中団員によるプレゼンテーション

ミラー団員によるプレゼンテーション

羽鳥総領事主催歓迎レセプション