カナダ入国手続の変更(専用端末Kioskの導入)

 カナダ入国管理局は、バンクーバー国際空港をはじめとするカナダ国内主要空港における入国手続を変更しました。
 これまでは、機内などで配布される税関申告書を作成、提出していましたが、今後は、空港内に設置された専用端末(Kiosk)を利用し、(1)パスポートをスキャン、(2)顔写真を撮影、(3)画面上の税関申告書に入力、(4)印刷された申告書を係官に提出という流れになります。
 なお、この入国手続は、既にカナダ旅券所持者及び永住権(PR)所持者を対象にサービスを開始しています。順次、上記以外の観光・留学・就労目的でのカナダ滞在者の方対象に開始する予定です。
 
<カナダ旅券所持者及び永住権(PR)所持者の方>
 申告手続の時間を短縮したい場合、事前にCanBorder-eDeclaration をダウンロードし、事前に必要事項を入力して申告すれば、空港内のKioskでスキャンできるQRコードが発行されます。
 
 詳しくは、カナダ入国管理局ホームページをご覧ください。
カナダ出入国管理局
http://www.cbsa-asfc.gc.ca/travel-voyage/abc-cfa-eng.html
 
CanBorder-eDeclaration
http://cbsa-asfc.gc.ca/new-neuf/app-eng.html