「DV日本語ホットライン / YWCA 日本語アウトリーチプログラム」開設のご案内

 在バンクーバー日本国総領事館では,ドメスティック・バイオレンス(DV),すなわち身体的暴力、強制、脅迫、威嚇、監禁、精神的・性的・経済的虐待等を配偶者や恋人から受けている日本人被害者への支援を目的とし、日本語による電話相談サービス「DV日本語ホットライン / YWCA 日本語アウトリーチプログラム」を開設しました。
 この支援業務は、在バンクーバー日本国総領事館がYWCAに業務委嘱しているもので、BC州及びユーコン準州にお住まいの日本国籍を有する女性を対象とし、無料での相談、関係機関(裁判所、警察、弁護士事務所、法的支援機関、病院、生活保護など)への同行、諸手続きの支援、通訳が受けられます。
 DV被害を受けているとお考えの方は、まずは「DV日本語ホットライン / YWCA 日本語アウトリーチプログラム」にご連絡ください。

ホットライン:604-209-1808(月~金曜日午前9時~午後5時、祝祭日を除く)