身に覚えのないメール・電話に対する注意喚起

 最近当館に,身に覚えのない日本の会社を名乗るメールが送られてくる,という相談が寄せられています。内容は,パートタイムの仕事として,同会社の商品を受け取った顧客から料金を受け取ってもらいたい(口座を利用)といったものです。メールの送り主(会社)の連絡先等を検索しても,会社の存在自体が確認できないほか,内容の真偽も判然としません。
 身に覚えのないメール及び添付データを安易に開きますと,ウィルス感染し,個人情報や,預金などを盗み取られる可能性もありますので,開かないようにしましょう。ウィルスソフトによる検索を活用するとともに,パソコンやスマートフォンのセキュリティーは常に最新のものにアップデートするよう心がけましょう。
 また,Canada Revenue Agencyを名乗る詐欺の電話やメールも未だに横行しています。還付を受けられるといったメールや,「あなたの税金に関する事件を登録した,連絡しなければ逮捕される」などという電話です。身に覚えのないものは決して電話をかけ直したり,メールを返信したり,個人情報を伝えたりしないように注意してください。
 これは本当なのかな,と迷う場合は,1人で悩まず,周囲の人や警察,総領事館に相談して下さい。
 
平成30年4月13日
在バンクーバー日本国総領事館
電話:604-684-5868
メール:consul@vc.mofa.go.jp