新手の詐欺等への注意喚起

【要旨】
  報道によりますと,バンクーバー市内において,捜査官などを語り,言葉巧みに預金を移動させてだまし取る新手の詐欺事件が発生しています。また,ダウンタウンではスリ,置き引き,車上狙いが後を絶ちません。被害に遭わないよう,防犯への意識を高めましょう。
 
【本文】
報道によりますと,ウェスト・バンクーバーに住む高齢女性(国籍はわかりません)が,銀行捜査を語る新手の詐欺被害に遭い,80万ドルをだまし取られたとのことです。
被害女性は今年始めから,クレジットカードへの詐欺行為を報告したいという犯人からの電話を何度か受けた後,犯人から銀行詐欺捜査官を名乗る者を紹介されて電話で話し,さらに,バンクーバー市警副本部長を名乗る者と電話で話をしたとのことです。犯人は,「(被害女性の)銀行口座に対する捜査が行われており,預金を外国の銀行口座に移した方が安全だ。」などと言葉巧みに預金を移動させ,女性は資産のほとんどを失ってしまったと報じられています。
また,トロントでも同様の手口の詐欺事件が5件あり,被害額は合計510万ドルにのぼっている模様です。
身に覚えのない電話やメールを受けた際は,周囲の方や警察,総領事館などに相談しましょう。
 
また,バンクーバー市内ではスリや車上狙い,置き引きが未だに後を絶ちません。最近も,スタジアム・チャイナタウン駅までスカイトレインを利用された日本人の方から,いつの間にかバックからポーチを盗み取られた,との相談が当館に寄せられました。ダウンタウンの東部は,East Hastingsが近いこともあり,より一層,防犯には注意が必要です。バックなどのファスナーをしっかり閉める,鍵をかける,人が多い所ではバックは前に抱えるなど,被害に遭わないよう対策をとってください。
 
平成30年4月27日
在バンクーバー日本国総領事館
電話:604-684-5868
メール:consul@vc.mofa.go.jp